←岳の種類や価格はここをクリック
生野銀山第1貯蔵庫 生野銀山貯蔵酒 「岳」 ってどんな酒
酒米の王者である山田錦を心ゆくまで磨き上げ、
蔵人の浪漫と匠の技で丹念に仕上げた吟醸酒を、
1200年の歴史ある生野銀山の坑道という大自然の
胎内で、深い眠りについた熟成酒である。
一年を通じ温度約13度の一定した条件下で
熟成の時間を重ねる。
大地の奥底でゆっくりと流れる月日が、
若々しく力強い酒が円熟したまろやかで穏やかな酒に変り
日本酒の芸術品とも言うべき姿に生まれ変わるのである
「岳」って、いろんな種類があるの?
「岳 」は全国新酒監評会金賞受賞の実力のある
播州の酒蔵3社が製造しており、
それぞれに大吟醸と純米吟醸があります。
仕込みの規格は純米吟醸以上となっております。
また、「岳」以外にも、清酒・焼酎・梅酒・ワイン等も
貯蔵しております。
「岳」って言う名前はどうして付いたの?
酒岳堂の社長は若い頃から登山やスキーによく出かけ
ており、当然山岳小説も好んで読んでいた。
あるとき藤木九三著「雪、岩、アルプス}の一説『岳の誘惑』を読み
その岳の意味合いに深く感銘し、岳という名を付けたのであります
・・・・その一説を紹介すると
『山』といひ『岳』と呼ぶ二つの言葉にはどういふ意味の
相違があるのかしらないが、
岳の名を冠する山々にはどこか神秘、怪異
といった奥底の計り知れない深さを思はせる・・・・・・・
日本酒って熟成して美味しくなるの?
もちろん、美味しくなります。
確かに新酒はフレッシュな味わいと香りで美味しいです
しかし日本酒本来の味とは、もっと奥深いもので
それが発揮されるのは熟成に適した環境のもとで
貯蔵管理された酒に限ります。
特に酒岳堂では熟成の質にこだわり、ちょうど飲み頃と
なる頃に銀山から出荷しております。
銀山内に搬入中